人見はる菜です。
こんな人でした。

FullSizeRender


↑みゆ紀さん作の社員証。
どこで出ていたかわかったあなたはすごい。
そしてちゃんと一人一人の
似顔絵になってるのもすごい。
前記事(けっちゃんさん)でも紹介されてますが、
小道具のリアリティ半端ない。

無事に五日間7ステージが終了しました。
ご来場くださいました皆さま、
支えてくださった皆さま、
キャスト・スタッフの皆さま、
あと日々至る所で行き倒れる私を
夜中に蹴り飛ばしてくれた家族。
(おかげで風邪引くのを免れました)
本当にありがとうございました。

初日は、最初のシーンが終わって
はけたらまさかの震えるという
衝撃的な現象が起こりましたが。
(何年やってるのか)
観に来た教え子たちには
「コーチがぶっ飛んでた( ˙-˙ )」
と言われましたが。
(いや君らも相当…と言いかけてやめました)
土曜だけの作品は、ぶっちゃけた話
「いや正気かよ…」と一瞬思いましたが
(その割に褒められ率がめちゃめちゃ高かった謎)
お稽古も本番も、宮元ワールドに
浸かりきってとってもとっても
楽しく過ごすことができました。

顔合わせからの約二ヶ月、
気がつけば私より若い世代がたくさんいて、
月日の流れを実感するとともに、
かと言って先輩方のようにはできない現実に、
私はこの月日を
どれだけきちんと重ねてこれたかと、
自分に問う日々でありました。
どう考えても見えないであろうところまで、
例え残された時間が僅かであっても
絶対に手を抜かずに創り込むスタンスに、
細部に神が宿るとはまさにこのことだと
感嘆の声をあげた日々でもありました。
音楽や明かりが生き生きと、
でも絶妙なバランスで
ちゃんと演じて、生きていることに、
驚きと尊敬が止まらなかった日々でもありました。
そして、誰かの人生を演じることは、
徹底的な自己理解と他者理解なのだと、
身をもって感じ、
それをし続けた日々でもありました。
お客様の前に立ち、そこで生き抜くことは、
とんでもなく恐ろしくそして面白いことだと、
改めて気づくと同時に、
普段私は多感な時期の子どもたちに
なんてことさせてんのかと、
衝撃を受けた五日間でもありました。

それでも、『エキストラ!!』という、
エキストラを主役にした舞台で、
エキストラを含めて10役。
いっぺんに10人の人生を経験できたことは、
とても幸せなことでした。
四年半振りの板の上は、
相変わらずキラキラとした虹がかかっていて、
改めて、役者って面白いなあと
心の底から思った五日間でした。
生きていることを日々実感した二ヶ月間でした。

皆さま、本当にありがとうございました。
またどこかで◎

人見はる菜でした。

半熟玉子!(千穐楽翌日に気づいた)

FullSizeRender


<次回の目標>
この作品の登場人物が一体何人だったのかを数える。もちろんエキストラを含めて。

どうも。僕です。
blogを締めてくれと言われてるのですが、
ちょっと訳あって、それはもうちょっと
待って下さいね。

その代わりではありませんが、
恒例の小道具紹介をしたいと思います。

500円玉
20181030_133310
20181030_133317
いわゆるDISHサイズと呼ばれてる物です。
分かるとは思いますが、左が本物の500円玉。
1.5倍位あります。
塩ビ管を切り開いて、お湯で平に延ばし、
二枚張り合わせて厚みを出しました。
そして、両面表になってます。
年号の所だけちょっと遊びました。
「平成最後の秋」「出井朱十周年」と
書いてあります。出井朱は、もちろんDISHです。
でもこれって貨幣偽造になりやしないだろうか?
大丈夫かな、俺?

宇宙戦艦ヤ〇トの被り物
20181030_133346
20181030_133415
森雪のコスプレをした三原珠紀嬢に
被ってもらいました。
某所から引っ張って来た二種類の画像を、
拡大、反転コピーして作りました。
側面だけだとあまりにも味気ないので、
舳先を入れたのがこだわりポイント。
更に、その舳先の凹凸がリアルに作り込んで
あるのが、更なるこだわりポイント。

マムートシリーズ
20181031_114254
20181104_113847
ご存知ない方もいらっしゃるでしょうが、
マムートというスーパーは実在します。
なので、その本物のロゴを参考に
作らせてもらいました。
レジ袋は、無地の物にマーカーペンで
ロゴを描き込んであります。

レポーターのマイク
20181103_131124
宮本絵利佳嬢が使っていた物。
マイク本体は人見はる菜嬢の私物。
持ち手を長くして、テレビ局のロゴを入れた。
DBCはDish Broad Castの略のつもり。
ロゴデザインは、最近は使っていないようだが
以前のDISHのチラシ等で使われていた
DISHのロゴを参考にしている。

台本5種
20181104_175300
「突撃!!隣のまちの昼ごはんやさん」以外は
全てDISHの旧作のタイトルデザインを
そのまま使わせて頂いている。
従って、厳密には私の作とは言い難いかも。
スペシャルサンクス徳永健氏!
因みに「隣の~」は、もちろん某
有名長寿番組から拝借しました。
企画、制作等のクレジット欄はチョイチョイ
遊んでますので、良かったら拡大して
見てみて下さい。
実際に稽古で使われてる台本は、
こんなキレイに装丁されてません、念の為。

名著『俳優のスヽメ』
20181101_180551
20181101_180606
佐藤優太君がずーーーーっと読む又は、
首から下げていた物。
昔の新書ってこんな装丁してたよね?
というイメージでデザインして、名著感を
出してみました。
首から下げていたのは、箱にコピーした物を
貼ったダミーです。
裏表紙は岩波書店さんのパロディーです。

大っきいジャイアントコーン
20181101_145422
20181101_145444
これもいわゆるDISHサイズの小道具です。
これも多分リアルのジャイアントコーンの
1.5倍位あります。
私が演じた監督が食ってた物です。
なので、噛りかけ。
この部分はオエッてなりながら、
リアルに噛って作りました。
今回作った中で、一番のお気に入りです。
基本、段ボールと紙粘土だけで出来てます。
あ、包装はもちろん、以前こちらの
blogに写真を揚げた、本物です。

木札のお守り
20181030_133440
20181101_145640
20181101_145645
20181101_165034
『路上ライヴ』で金谷さんと大友恵理が
それぞれ身に付けていました。
素敵な紐と、本当にお守りっぽい結び方は
吉田みゆ紀嬢による物です。
レタリングとヨゴシがいい感じで
仕上がったので、結構満足してます。
裏の名前はみゆ紀嬢と、洋介は金谷さんに
自署して頂きました。

陣笠
20181103_114237
土曜日のみのスペシャルプログラム『足軽』で
藤沢龍太郎氏が被っていた物。
土曜日当日、小屋に入ってから、実質40分
程度で作りました。
その割りには、なかなかいい出来。

〈オマケ〉
ウルトラの父的な兜
20181101_180636
これは『GOOD MAKERS』の時に
作った物。
まさか、このキワモノが、こんなに早く
再び日の目を見ようとは……

以上、今回、吉田潔の作成による
小道具たちのご紹介でした。

萬、小道具承ります。
声かけてね!

先週の金曜日、飛行機で東京に戻り、夜の新宿で台詞合わせをしたのが夢の様です。私は何故か今週も(いや、仕事なのですが)、東京へ向かっています。
DISHの10周年、本当は夏の公演も秋のこの公演もガッツリ入るはずだったのが、突然の辞令で北海道に。
なかなか人生思うようにはいかないものです。
最後の最後に、出番をもらって本当にありがたかったです。
シーン『足軽』で爪痕を残せたのでは(笑)と思っています(土曜日観た方だけのものです)。

また日常に戻りますが、いつの日かまた舞台でお会い出来る日を楽しみにしてます!足軽、バージョンアップしておきます‼️

また会う日まで。
来て頂いたお客様、スタッフの皆さん、共演した役者の皆さん、ありがとうございました‼️
ダンサー、龍太郎でした。

1541674801074

↑このページのトップヘ